Dal 1830

LA STORIA DI FIRENZE

私達 OTTINO の歴史は、フィレンツェの街と密接につながっています。

フィレンツェのVia de’ Cerretaniに店が誕生したのは1830年。毛皮やポーチ、鞄、杖 や扇子といった小物アクセサリーの小売店で、当時はジラルディーニと呼ばれ、地元で名 を知らせる店に成長するのに時間はかかりませんでした。イタリア統一運動で首都がトリ ノからフィレンツェに移った後は国際化も進み、フィレンツェの街と共にさらに成長を遂 げます。ジラルディーニの店とその手の込んだ職人技の光るエレガントな製品は、イタリ アとヨーロッパの貴族のステータスになりました。

1800年代終わりから1900年初期にかけて、フィレンツェはグランツアー(裕福な貴族 の子弟が、学業の終了時に行った大規模な国外旅行)の主な目的地に。またアメリカやイ ギリスやドイツなどのアングロサクソン諸国からは、ルネサンス美術を学びに多くの人が 訪れ、現在でもそのまま残る美術品や街並みに魅了されました。現在でも受け継がれる革 製品の芸術(なめしの技法)は1282年にまでさかのぼり、この卓越した技と歴史も、来 店される外国人のお客様を魅了します。

1915~18年の第一次世界大戦の後、ジェノヴァからやってきたEugenio Ottinoはこの 店で働き始め、数年で店を引き継ぎ、OTTINOと名付けました。Eugenioは革製品に情熱 を注ぎ、一流の商品を生み出す優秀な職人のチームを結成。その後も変わることなく伝統 的なフィレンツェの革製品の技術を守り抜く当店は、王室の卸職人に。後のイタリア統一 150周年の記念祭には、OTTINOの革製品が展示されました。

息子のMassimo Ottinoは、若い頃から父親のEugenioと働き始め、革製品へ情熱を傾 けるほか、経営にも力を入れます。革新的な事業者としての精神を持ったMassimoは、 クラシカルな製品に流行をうまく取り入れることに成功。しかし、1966年11月4日、フ ィレンツェを襲った大洪水で、街中は甚大な被害を受けました。OTTINO店内も2m浸水 し、商品からデザイン等の書類まで全て流されてしまうのですが、Massimoは逆境に立 ち向かいました。彼は挑戦を恐れず、すぐに店舗を再開し、フィレンツェの街と共に再び 経済を盛り立てるのでした。

1978年、Massimoの息子のPaoloは、初めて日本を訪れ、OTTINO EXPORTを開始し ました。また、現在でも使われるロゴとパターンを採用、ブランドのアイデンティティを 確立させます。2000年、長い歴史ある店舗から、フィレンツェで最も賑わうショッピン グストリートの1つであるVia Porta Rossaに移転しました。

2012年以降、Virginiaは伝統に従い父親のPaoloと共に活動を始め、デジタル時代に合 わせたショップサイトやSNSを設け、常に最新の情報を発信しています。

Certified quality