1830年創業

フィレンツェの歴史

1830年代、オッティーノのバッグやステッキ、扇などは王室やヨーロッパの貴族達にとっての御用達となり、彼らがフィレンツェを訪れる目的にもなっていました。

accessori in pelle
第二次大戦後、皮革製品やグッズなどの生産において、オッティーノの名声は貴族や中産階級の企業家、商人らの間で確立されました。

Certified quality
クオリティ重視ともいえるオッティーノのプロダクツは、フィレンツェの顧客はもちろんのこと、フィレンツェに住む英米の人たちからも賞賛をされるようになり、そして今日、フィレンツェに生まれた小さな企業が、世界中から高い評価を受けるまでに発展をしたのです。
現在のオッティーノの目標は、さらなる市場で成功を収めることにあります。